スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TY-S125F チューブレス リム組み






ホイルをチューブレスに変えました。

タイヤはミッシュランのXライトで合計 2?弱の軽量化です。

リヤがかなりあげやすくなりました。





まず純正のリムのオフセットを調べてからばらしますが、結構な振れが出ていて正確なオフセットが測れませんでした。
そこ数ミリの誤差は私には体感できませんので、ある程度の数字を取り開始しました






スポークの取り付け
スポークは長さ違いで2種類あります。 R側が短いスポークでL側が長いスポークです




ハブにはスポーク受けの皿が彫ってあるのでそれに合う方向でスポークを挿していきます。






ニップルをはめていきます。 普通のリムなら軽く数山かけるぐらいですが

このリブつきタイプのリムの場合は片面側はまず深くニップルをかけないと反対側が入りません
                                          (入れたあと緩める)




車体にセットし調整します。

スィングアームの前方に基準をセットし、まず、ホイルをくるくる回し振れを見ます。

明らかに上下方向に出すぎている場所のニップルを軽く調整(基本締める方向)しますが、



この時、同時にオフセットも合う方向にセットしていきます

操作は左右のニップルをセット(L側R側)で行います。



          ※  偏芯優先ではあるが、オフセットも同時に調整




     もし 回転方向(偏芯)に出すぎたリムのオフセットが右にいきすぎていれば、その場所の

    左側ニップルを少し多めに締める(もちろんR側も軽く締める)


これを左右セットのニップルで1段ずつやっていきます。

かなり大きくずれていてもイッキにやってはいけません。あくまでも少しずつ






              ※ オフセット優先 & 回転方向でへこんでいる場所



ある程度の調整が取れてくると指では回せなくなってきますが、工具はまだです

ホイルをくるくる回し振れをみます。

この段階から左右の振れ優先で調整します。


       右に振れていたら右側ニップルをゆるめる

       この時、回転方向にへこんでるなら左側ニップルも気持ちゆるめる
                       (逆なら逆の操作)
    
数周に渡って調整していくと、締めるべきところのニップルが締めれるようになっているはずですので

臨機応変に調整していく。

 
ここまででかなりの振れが取れていると思います。 ここらへんからニップルレンチも使用していきます。

レンチ使用でも 同じ要領です。


スポークの張りは極端な違いはありません。すべて同じような張力できれいな円を描きます。


                        手順
                         ↓
                   左右セットのニップル 
                    締める、締める
                         ↓
             
                   左右セットのニップル
                    緩める、緩める

                         ↓

                   左右セットのニップル
                     締める、緩める
                         or
                     緩める、締める
                         or
                     調整、動かさない
                         or
                    動かさない、調整


         
       ・回転方向と左右方向は同時に調整していく
      
       ・左右セットのニップルは同時に調整していく


この流れで調整していくと短時間で仕上がります。



偏芯とオフセットを分けて考えると・・・

        ・オフセットがきれいにでても上下に振れていれば・・・

        ・上下がきれいにでてもオフセットがずれていたら・・・

共に調整はできますが、2~3時間かかるらしい、間違いなく知恵熱がでます。




  注意!
      ホイルを回して振れを見るときはリムを注視してはいけません。

      セットした基準との間隔を見ます。(リムの中心線での測定が正確)

      リムにはわずかな模様や波打がありますのでかなり振れているように見えるので注意

     

      リムの製造上のつなぎ目の振れは絶対取れませんのである程度の妥協も必要です。
      ビードストッパー使用でリムが開いた状態でも振れてるように見える・・とゆうか振れる



      もう一つ
      このリブつきリムはスポークの据わりが悪いため見かけ上のトルクはかかっているが
      最初の衝撃で一瞬ですべて緩みます。経験者がここに・・・  恐怖でした。
      スポークの据わりを確かめてから締めましょう(笑)





にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

TY-S125F クラッチ






本格的に梅雨に突入したようです。

最近のトライアル練習で体があっちこっち痛いので、休憩にはちょうどいい時に雨の季節がやって来たようです
 
乗り始めてからずっと気になっていたクラッチの切れの悪さを改善しようと思い調整しました。

TY-S125Fを買って(中古)すぐ、フリクション、クラッチプレートは新品にしましたので、キワミはないとして

今回行う作業は

    ・各プレートのバリとり
    ・エンジン側のクラッチアジャストの調整

の2点です。
             ※写真のリアブレーキの踏面は自作 ギザギザはグラインダーで削りだし(笑)







各プレートの爪をクラッチバスケットとの接触箇所の端面を軽くペーパーがけ。

指で触れてひっかかり感が無くなる程度でいいと思います。






全部終わると組み込むわけですが、

クラッチプレートには、表、裏があり、このバイクは買った時バリのあるほうが外側に組んでありました。

ごく簡単に言えばつながりはよいがきれが悪いということになります。バリが内側だと反対

今回はバリが内側に来るように組み付けました。

半クラを多用するトライアルではクラッチの負担が心配ですが、切れが悪いと指の負担が大変です。

強化スプリングが入っているので大丈夫でしょう。





クラッチスプリングをセットして、写真中央のアジャスト調整ねじでクラッチ調整をします。

ケースカバーは開けたままクラッチレバーを握りプレッシャープレートの移動量を実測します。

アジャストねじを緩めたり締めたりして1番ストロークする位置を見つけます。

今回は1.2mmのストロークが確保できました。


ケースカバーをセットしてOILを入れたら終了。 この系統のエンジンマニュアルではガスケットはやぶれなけ

れば再利用だそうです。


雨のため本格的な試乗は出来ませんが、少し動かした感じでは、ギヤが入りやすくなりました。

それと心配していたつながりは、穏やかなつながりかたになりました。

思いっきりパワーをかけたときのすべりが予感できそうなくらいやわらかなつながりかたです。

本格的な試乗が出来るまで、眠りが浅くなりそうです(笑)





にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村

ベアリング交換 リンク周り








シェルパのリヤサスのリンク周りのベアリングを交換します。

実は今回の作業はグリスアップだけの予定でしたが、ばらしたらベアリングのニードル部が破損しているのが

発覚しベアリングとシールを注文して総交換ということになりました





まず車体を馬で浮かしリヤホイールをはずします。その後スイングアームにジャッキをかませて

リンクロッドのナットをはずします






シェルパの場合 ロッドのボルトはエンジン側から抜きその後スイングアームを持ち上げてから

後ろ側のボルトを抜くとスタンド等に干渉せず抜くことが出来ます

一応 洗車後ですが、かなり汚れています(笑)






スイングアームのボルトも抜きました。かなり錆びています。オフロードの宿命です







ナンバーはモザイクの必要がありません(笑)

全国的に激しいところに行く人は圧倒的にセローの人気が高いようですが

シェルパも捨てたものじゃありません。チェーンの長さに気をつければモトクロスマディタイヤも

装着できます。あとスプロケを思い切りショートにすれば歩いて登れないとこも

登れます。 ※腕は必要(笑)






ベアリングを抜きます。  ハスコーのベアリングプーラーを使っています








さくさく 抜いていきます







すべて抜いたらきれいに洗浄します。

この後 ベアリング挿入となるわけですが、 今回はこの画像のプッシャーで叩き入れる事にしました。


本来 ニードルベアリングは圧入です。 刻印のある方の側面も打撃に耐える作りにはなっていません。

熱ばめもリンク周り等を直であぶるとひづみが出たりしますので、オイルにつけそれを熱する方法が

最良だと思います。

しかし、今回はどうせ藪の中や森の中を徘徊するだけのシェルパですので、たたきいれます






コンコンコンとたたいてすべて挿入、 入れしろはスイングアーム 8ミリ(だったかな?)

リンク周り 5.5ミリ とカワサキ指定どうりにします

ベアリングにはグリスを塗布しとくのですが、 私は スーパーゾイルのグリスを使っています

そこにゾイルの原液を数滴たらした特性グリスにして使います。かなりいいですよ!


シール類を取り付けたら もと通り組み立てます。

安い市販車の場合(特に鉄フレーム車) こうゆう所は新車の時からガタがある場合があります。

指定トルクに開きがある場合 何k~何k は最弱で閉めてから様子を見るのがいいかもしれません。

スイングアーム等横方向にガタがある場合(スラストベアリングなしのヤツは特に))かなり気になり

ますので強めに締めがちですが、ハンドルが振られたりする場合があります。



リンクのグリス劣化やチェーンの片伸びなどもフロント振られの原因になりますが・・・

長年乗られてる方は皆さん知ってらっしゃるでしょうが、

フロントの不具合はリヤからの影響というのが多いような気がします






にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタム・整備へ

デスビ メンテ







軽トラックにガソリン入れてこようと思ってスタンド行ったらエンジンがかからなくなりました

走行14万km 今までノートラブルで来ましたが・・・

とりあえずエンジンカバーを取り目視でチェック

プラグを見ましたが3本とも異常なし





続いてデスビキャップを見ようとボルトを緩めると なんと水が出てきました。

先日 めずらしく洗車を行いそのときに入ったのでしょう。







接点のところに金属かすがこびりついていました。軽くマイナスドライバーで落として

ふたをしてセルをまわすとかかりました。

出先でかなりあせりましたが、この程度のトラブルで助かりました。



今まで雨天でも全く問題なしでしたが、荷台を念入りに洗いましたのでそのときに入ったのでしょう

キャップとデスビ本体の間にはパッキン入ってなかったかな?






にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタム・整備へ

シートストッパー







クラブマンのシートストッパーが無くなりました

ここはボルト留めじゃなくボタン留めだったため経年劣化でゆるくなっていたようです。

ちょっと工作しないといけません










木でネタをつくり皮を被せようと思いましたが

思いのほか木そのものの質感がよかったのでこれで行くことに決定!

縁に飾り彫りをして少し磨いて完成としました

ちなみにマジックテープで固定






クラブマンの雰囲気になかなかマッチしています(自画自賛)

素材はけやき(笑) ですので結構長持ちするはずです






にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタム・整備へ
プロフィール

supergeebee

Author:supergeebee
FC2ブログへようこそ!

フリーエリア
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタム・整備へ
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
FC2カウンター
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。