スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベアリング交換 リンク周り








シェルパのリヤサスのリンク周りのベアリングを交換します。

実は今回の作業はグリスアップだけの予定でしたが、ばらしたらベアリングのニードル部が破損しているのが

発覚しベアリングとシールを注文して総交換ということになりました





まず車体を馬で浮かしリヤホイールをはずします。その後スイングアームにジャッキをかませて

リンクロッドのナットをはずします






シェルパの場合 ロッドのボルトはエンジン側から抜きその後スイングアームを持ち上げてから

後ろ側のボルトを抜くとスタンド等に干渉せず抜くことが出来ます

一応 洗車後ですが、かなり汚れています(笑)






スイングアームのボルトも抜きました。かなり錆びています。オフロードの宿命です







ナンバーはモザイクの必要がありません(笑)

全国的に激しいところに行く人は圧倒的にセローの人気が高いようですが

シェルパも捨てたものじゃありません。チェーンの長さに気をつければモトクロスマディタイヤも

装着できます。あとスプロケを思い切りショートにすれば歩いて登れないとこも

登れます。 ※腕は必要(笑)






ベアリングを抜きます。  ハスコーのベアリングプーラーを使っています








さくさく 抜いていきます







すべて抜いたらきれいに洗浄します。

この後 ベアリング挿入となるわけですが、 今回はこの画像のプッシャーで叩き入れる事にしました。


本来 ニードルベアリングは圧入です。 刻印のある方の側面も打撃に耐える作りにはなっていません。

熱ばめもリンク周り等を直であぶるとひづみが出たりしますので、オイルにつけそれを熱する方法が

最良だと思います。

しかし、今回はどうせ藪の中や森の中を徘徊するだけのシェルパですので、たたきいれます






コンコンコンとたたいてすべて挿入、 入れしろはスイングアーム 8ミリ(だったかな?)

リンク周り 5.5ミリ とカワサキ指定どうりにします

ベアリングにはグリスを塗布しとくのですが、 私は スーパーゾイルのグリスを使っています

そこにゾイルの原液を数滴たらした特性グリスにして使います。かなりいいですよ!


シール類を取り付けたら もと通り組み立てます。

安い市販車の場合(特に鉄フレーム車) こうゆう所は新車の時からガタがある場合があります。

指定トルクに開きがある場合 何k~何k は最弱で閉めてから様子を見るのがいいかもしれません。

スイングアーム等横方向にガタがある場合(スラストベアリングなしのヤツは特に))かなり気になり

ますので強めに締めがちですが、ハンドルが振られたりする場合があります。



リンクのグリス劣化やチェーンの片伸びなどもフロント振られの原因になりますが・・・

長年乗られてる方は皆さん知ってらっしゃるでしょうが、

フロントの不具合はリヤからの影響というのが多いような気がします






にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタム・整備へ
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

supergeebee

Author:supergeebee
FC2ブログへようこそ!

フリーエリア
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタム・整備へ
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
FC2カウンター
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。